ピーターパン・画像

ディズニーの画像と共にキャラクターの歴史を紹介。無料でのダウンロードも紹介中!

ディズニーの画像と共にキャラクターの歴史を紹介。無料でのダウンロードも紹介中!



ミッキー&フレンズ年賀状CDーROM(2009)
 
■ディズニーキャラクターでご挨拶!
ミッキーと仲間たち(ミニー、ドナルド、ディジー、プルート、グーフィー)がカードになってあなたの笑顔を運びます。

■スティッチがゲストに登場!

■フォトフレーム、グリーティングに使える文面なしカードを多数収録

ピーターパン

ピーターパンとティンカーベル


ピーター・パン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ピーター・パン (Peter Pan) とは、イギリス、スコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『ケンシントン公園のピーター・パン』、小説『ピーター・パンとウェンディ』などの主人公である架空の少年である。

現実の世界では、この架空の少年は1929年4月以来病に苦しむ子に救いの手を差しのべる。作者は「金額を決して公表しないこと」を条件に版権を、ロンドンのオーモンド大路小児病院に寄付し、現在(2005年)も続いている。オーモンド大路小児病院財団

「ウェンディ」というよくみられる女性の名も、ピーター・パンの登場以前には全くといっていい程存在しない。yで終わる名であるにも関わらず、その元となった名が存在しない 注釈参照 の理由により作者の創作による架空の名だったといわれている。

注釈 yで終わる名前は殆どすべてが「通称」若しくはそれに由来し、(Maria ->Mary, Robert->Bobby ...)起原となる名が存在する。



概要
ロンドンのケンジントン公園で乳母車から落ちたところを乳母に見つけられず迷子となったことから年を取らなくなり、異世界ネヴァー・ネヴァー・ランド(ネバーランド)に移り住み妖精ティンカー・ベルと共に冒険の日々を送る永遠の少年である。

ネバーランドにはパンと同じように親とはぐれ年を取らなくなった子どもたち(ロストボーイ)がおり、パンは彼らのリーダー的な存在である。木の葉で作った緑の衣装をまとったところは、さながら子ども版「ロビンフッド」のようにも見える。しかしピーターは子供の長所と短所をデフォルメしたキャラクターとして描かれており、純粋で一途な反面、善悪やけじめの見境がなく身勝手な性格描写が顕著であり、原作者バリも本編で、そのようなパンの態度に対して皮肉ったりたしなめたりする文章を書いていることから、決してパンはヒーローとして描かれているのではなく、あくまでも子供の象徴として登場する。

その敵役は、海賊ジェームズ・フック船長である。フックは狡猾で頭の切れる海賊であるが、その反面合理的で紳士な人物として描かれた、矛盾する人物像となっている。 これは幾つもの顔を使い分けて世渡りをしなければならない大人の象徴として描かれた、パンの対極に位置するキャラクターとして登場していると言われる。

このパンとフックの性格描写はクライマックスの戦いで顕著に現れている。フックは負けを悟ると意図的に武器を置き、パンを逆に挑発する。パンはその挑発に乗ってフックを、チクタクワニが待ちかまえる海へ蹴り落とす。フックはこれを予想しており、「丸腰の者を蹴ってとどめを刺すとはどこまでも人間としておとる奴。勝負ではおまえに負けたが、人間として俺は勝ったのだ」と笑ってワニに食われていく。 バリがパンよりもフックに肩入れしているのが顕著である。

また、ネバーランドに子どもしかいないのは、『ピーター・パンとウェンディ』によると、ピーターパンが大人へと成長しかけた子どもを殺しているからである。その方法には 1.ピーター・パンが常備している短剣で刺し殺す。 2.ティンカー・ベルと共謀して上から突き落とす。 3.フック船長のようにワニの餌にする。 が有力な説である。また、この事実は童話や絵本には削除されている。


ディズニーのピーターパン
『ピーター・パンとウェンディ』は1953年、ディズニー社によってアニメーション映画となったほか、度々ミュージカルとしても上演されている。ディズニーアニメ版は非常に有名で、シンプルに楽しめる作品である。『ピーター・パン』 (Peter Pan) は、1953年2月にアメリカ合衆国で公開されたディズニーの長編アニメーション作品である。日本では1955年3月に公開されている。

ピーターパン


ピーターパンの世界にいけちゃうアトラクション。
「ピーターパン空の旅」
ウェンディに会いに行きましょう!




公式サイト
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/7land/fantasy/atrc_peter.html

あんな風に空を軽々と飛べたらなあ…ネバーランドって本当にあるの?子供の頃、誰でも夢見るピーターパンの世界。そんな純粋な思いをかなえます。
さあ、2人乗りの空飛ぶ海賊船に乗って、ロンドンの街からネバーランドへ冒険の旅に出発しましょう。