トイ・ストーリー・画像

ディズニーの画像と共にキャラクターの歴史を紹介。無料でのダウンロードも紹介中!

ディズニーの画像と共にキャラクターの歴史を紹介。無料でのダウンロードも紹介中!



ミッキー&フレンズ年賀状CDーROM(2009)
 
■ディズニーキャラクターでご挨拶!
ミッキーと仲間たち(ミニー、ドナルド、ディジー、プルート、グーフィー)がカードになってあなたの笑顔を運びます。

■スティッチがゲストに登場!

■フォトフレーム、グリーティングに使える文面なしカードを多数収録

トイ・ストーリー

【TOY 通販】 MEDICOM VCDTOY STORY - Buzz Lightyear ソフビフィギュア


トイ・ストーリー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トイ・ストーリー
監督 ジョン・ラセター
製作総指揮 エドウィン・キャットマル
製作 ラルフ・グッジェンハイム
脚本 ジョス・ウェドン
アンドリュー・スタントン
出演者 トム・ハンクス
ティム・アレン
ドン・リックルス
音楽 ランディ・ニューマン
配給 ディズニー
公開 1995
上映時間 81分
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 3億6200万ドル
次作 トイ・ストーリー2


『トイ・ストーリー』(原題 Toy Story)は、ディズニー配給のアニメーション映画作品。1995年に公開された。劇場公開された長編映画作品としては、初のフルCG作品。世界で3億6200万ドルの興行収入を上げた。これは、当該年度の第1位である。日本での公開は1996年3月23日。

製作はピクサー・アニメーション・スタジオ。監督ジョン・ラセター(ピクサー)。長編フルCGの作品を生み出した製作チーム統括の業績に対し、監督ラセターは、アカデミー賞では特別業績賞を受賞した。他に、アカデミー賞候補として、脚本賞ノミネート(アンドリュー・スタントン)、オリジナル主題歌賞ノミネート(You've Got a Friend in Me)、作曲賞(コメディ部門)ノミネート(ランディ・ニューマン)。

1999年には、続編『トイ・ストーリー2』が公開された。

日本語吹き替えは当初、ウッディに山寺宏一、バズに磯部勉という配役であった。吹き替え作業も全て終了し、宣伝ポスターや広告は既に山寺と磯山の名が掲載されていたが、公開寸前で配役が変更になったのは有名な話である。なお、スピンオフ作品であるテレビアニメ「スペースレンジャー バズ・ライトイヤー」では、磯部がバズの声を当てている。

スタッフ
監督:ジョン・ラセター
脚本:ジョン・ラセター、ピーター・ドクター、アンドリュー・スタントン、ジョー・ランフト
音楽:ランディ・ニューマン

声の出演
ウッディ・・・トム・ハンクス(日本語吹替:唐沢寿明)
バズ・ライトイヤー・・・ティム・アレン(日本語吹替:所ジョージ)
ハム・・・ジョン・ラッツェンバーガー(日本語吹替:大塚周夫)
ボー・ビープ・・・アニー・ポッツ(日本語吹替:戸田恵子)
レックス・・・ウォーレス・ショーン(日本語吹替:三ツ矢雄二)


ストーリー

カウボーイ人形のウッディは、古めかしいおしゃべり人形。背中の紐を引くと、パンチの効いた「カウボーイトーク」をしてくれる。そんなウッディはアンディ少年の大のお気に入りで、毎日楽しくカウボーイごっこに興じていた。

アンディ少年と楽しく遊ぶオモチャたちだが、実はとても大きな秘密がある。オモチャたちは本当は「生きて」いて、それぞれが自分の考えを持っており、自由に動き回る事ができ、またオモチャ同士の交流がある。しかし「オモチャのルール」として、人間にそれを知られてはいけないのだ。そしてアンディ少年の「一番のお気に入り」であるウッディは、アンディ少年の持つオモチャたちのリーダーをしている。

そんな楽しい毎日のある日、アンディ少年の誕生日がやってきた。オモチャたちは新入りのオモチャ仲間に興味を抱くが、ウッディは内心では新しいオモチャがアンディ少年の一番のお気に入りに成る事で、自分がお役ごめんとなってしまいやしないかと気が気では無い。そしてやってきたのは最新の宇宙ヒーローキャラクター・ハイテクトイのバズ・ライトイヤーだった。




キャラクター

ウッディ
アンディのおもちゃたちの中でリーダー格の、カウボーイ人形。お調子者だが、明るい性格。背中についたひもを引っ張ると、内蔵されたレコードで「手をあげろ」「やられちまったぜ!」などとランダムにしゃべる機能が付いている。「トイ・ストーリー2」では、プレミアのつくほど、希少価値の高いおもちゃであることが分かった。 白黒テレビ時代に「ウッディのラウンドアップ」という人形劇作品で主演していたキャラクターの人形だが、番組のほうはスプートニク・ショック以降に宇宙を題材にしたSF作品が流行、視聴率が低迷しだし、打ち切り終了となった。

バズ・ライトイヤー
アンディの誕生日にプレゼントとしてやってきた、流行のスペースレンジャーの人形。自分がオモチャではなくスペースレンジャーであると信じており、空を飛べると言い張る。

アンディ・ディヴィス
ウッディらオモチャのご主人様。カウボーイ大好きのやんちゃな男の子だったが、一時、バズに夢中になったこともある。誕生日にプレゼントされたバスターという愛犬を飼っている。また、まだ赤ん坊の妹が一人いる。オモチャを大切にし、壊れたオモチャを頑張って直そうとする感受性豊かな少年。

エイリアン(リトル・グリーン・メン)
UFOキャッチャーの中にいるゴム製の人形。大量生産でUFOキャッチャーの景品として人気があり、ビニール製の柔らかい、緑で三つ目でいつも笑顔の憎めないヤツ。ただし余りに純粋で、しかも集団で登場するため、しばしば周囲に迷惑がられる事も…

「スペース・レンジャー・バズ・ライトイヤー」では、リトル・グリーン・メン(LGM)役で登場。某SF作品の宇宙艦隊士官を思わせる服を着ている。

RC
アンディの家のラジコンカー。 オフロードタイプのバギーカーで、乾電池で動いており、Hi/Lowの2モードを持つ。Hiモードのダッシュも凄いが、一度はロケット花火で推定時速50~60kmで疾走、空も飛んだ。

その他の話題
バズ・ライトイヤーは「ファインディング・ニモ」にゲスト出演している。
レックスは「モンスターズ・インク」にゲスト出演している。
バズ役の所ジョージが「カーズ」のイベントにゲストとして参加した時、ジョン・ラセターから、「バズ・ライトイヤーをやってくれてありがとう。これからもよろしく。」と言われ、「トイ・ストーリー3があるんですか!?」と答えていた。




映画公式サイト
http://www.disney.co.jp/character/toystory/top.html




公式ページ
http://www.disneystore.co.jp/amuse/character/ha/buzzlightyear.html