ダンボ・歴史

ディズニーの画像と共にキャラクターの歴史を紹介。無料でのダウンロードも紹介中!

ディズニーの画像と共にキャラクターの歴史を紹介。無料でのダウンロードも紹介中!


ミッキー&フレンズ年賀状CDーROM(2009)
 
■ディズニーキャラクターでご挨拶!
ミッキーと仲間たち(ミニー、ドナルド、ディジー、プルート、グーフィー)がカードになってあなたの笑顔を運びます。

■スティッチがゲストに登場!

■フォトフレーム、グリーティングに使える文面なしカードを多数収録

ダンボ

ごきげん(ダンボ)


ダンボ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


『ダンボ』(DUMBO)は、1941年制作のディズニーのアニメ映画作品。日本では『空飛ぶゾウ ダンボ』という題名で1954年3月12日に公開された。



スタッフ
監督:ベン・シャープスティーン
動画監督:ウォード・キンボール
製作:ウォルト・ディズニー
脚本:ジョー・グラント ディック・ヒューマー
脚色:オットー・イングランダー ビル・ピート
作詞:ネッド・ワシントン
音楽:オリヴァー・ウォーレス フランク・チャーチル


キャスト
ティモシー:エドワード・ブロフィ(牛山茂)
団長:ハーマン・ビング(内田稔)
メイトリアーク:ヴァーナ・フェルトン
コウノトリ:スターリング・ホロウェイ
ダンディ・クロウ:クリフ・エドワーズ


ストーリー
サーカスの象のジャンボに、一匹の小象が生まれた。しかし、その象は耳がとても大きなおかしい外見で、他の象に笑われ、ダンボというあだ名をつけられる。演技は失敗ばかりし、サーカスを見に来た子供たちには耳を引っ張られ、おまけに母のジャンボはその子供に暴力を働き、檻に入れられ、ダンボは不幸のどん底に落ちる。なぐさめてくれた友達のネズミ、ティモシーと一緒に水と勘違いして酒を飲んでしまい、気がついてみると、何とダンボたちは高い木の上にいた。ダンボがその大きな耳で飛ぶことができると気付いたティモシーは、カラスたちの協力もあり、ダンボを飛ばせることに成功する。サーカスでも飛んで見せたダンボはアメリカ中の人気者になり、最後は母のジャンボともめでたく再会する。




公式ページ
http://www.disneystore.co.jp/amuse/character/ta/dumbo.html

噴水(ダンボ)


子供たちに大人気のアトラクション。
ダンボに乗って、空を飛んでいきましょう!




公式ページ
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/7land/fantasy/atrc_dumbo.html


さあ、かわいい空飛ぶ象のダンボの背中に乗って、大空へ高く高く舞い上がりましょう。手元のボタン操作ひとつで、上昇したり、低空飛行したり、まるで本当に空を飛んでいるみたい。
きっとディズニー映画の『ダンボ』が、また見たくなりますよ。